あまり使いたくないテキスト

職業柄でしょうか。
海外でしか手に入らない日本語のテキストを集めるのが趣味です。
自分で外国に行った時だけでなく、家族が、友人が海外に出かけたときにも
お願いして買ってきてもらっています。

先日、フランスに行った友人が日本語のテキストをお土産にくれました。
このテキスト、正直なところあまり使わないでほしい・・・と思うものでした。

まず、文字を教えるページ。
ひらがな カタカナ フランスのテキスト

「わを」、「ワヲ」って・・・。
いったいいつの時代なんでしょうか・・・。

さらに、例文も変なものがちらほら・・・。
例えば、
「どんな事があっても、ふたをお開けなさいますな。」
「いやだわ。私が呼ぶもんですかね。」
「私は苦しゅうございます。」
などなど・・・間違ってはいないのですが、今は耳にすることが少ない表現が
例文として挙げられています。

さらに、
母は子に薬をのませられる
って、シチュエーションとしてあまりないですよね・・・。
(子は母に薬をのませられる・・というのはよくありますが・・。)

数え方の練習では、
御座敷が一間
と・・。これ、覚える必要があるのでしょうか。

他にも、「一番目」「一つ目」などの「~目」の学習のページに
「八つ鰻」、「馬鹿」、「ひどい」など、明らかに「~目」とは
関係のない語彙が例として出ています。

挿絵も
テキスト挿絵 フランスのテキスト
といった意味不明な絵が・・・。
ウケねらいなんでしょうか・・・。


見るだけなら面白いですが、このテキストで日本語を勉強するのはやめてほしい
ですね・・・。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」