「本だぜ」、「読むぜ」、「おもしろいぜ」、「好きだぜ」

「本です」、「読みます」、「おもしろいです」、「好きです」・・・。
いわゆる「です・ます」の文で日本語の勉強を始めた外国人も、初級の半ばで
「です・ます」ではない常体の言い方を勉強します。

つまり、
「本です」は「本だ」、
「読みます」は「読む」、
「おもしろいです」は「おもしろい」、
「好きです」は「好きだ」、
というように常体に変えていきます。

その勉強を始めたアレックスさん。
日本のアニメの見すぎなのか、なぜか文末に「ぜ」を加えてしまいます

「これは本だ。」、「私は本を読む。」、「この本はおもしろい。」、
「私はこの本が好きだ。」というように・・・。

「ぜ」は必要ないことを注意した直後は直るのですが、しばらくすると「+ぜ」
の言い方に。

なんだか、お笑い芸人のスギちゃんが教室にいるようです。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」