日本語教師ってどんな仕事?第11回 日本語教師に求められるもの(1)

先週からスタートした「日本語教師に求められるもの」シリーズ。
今日からいよいよ本格的にスタートです。

その第1回目は、ズバリ!
日本語教師の頭の中」です。

皆さんは「日本語教師の頭の中」ってどうなっていると思いますか?

・国語辞書が1冊入っている(いわば、「歩く国語辞書」)
・テレビの「日本語」クイズに全問正解できる(=日本語オタク

とイメージしますか?
(というより、そうでなければ、教えられないと思っていますか?)

もし、そんなイメージであれば、それはちょっと違います

日本語教師だって、辞書は引きます(常に手元において、調べています)。
日本語教師だって、テレビの日本語」クイズに間違います
(知らないこともたくさんあります)。

特に、『テレビの「日本語」クイズ=日本語教師が教える日本語』という
イメージをお持ちの方に伝えたいのは、
あの内容を教える場面はほとんどありません!」ということです。

私たち日本語教師の頭の中には、あのクイズより、
もっと、もっと根本的なことがたくさん入っています。

例えば、先週金曜日のブログに書いたように「ある」と「いる」の違いとか、
「これ」、「それ」、「あれ」ってどういうふうに使い分けているの?とか。
(今度、機会があるときにブログで触れたいと思います)

つまり、
普通の日本人なら「当たり前」過ぎて、国語辞書すら引かないような言葉や
テレビの番組担当者が「クイズ」にしようとも思わない「普通の」言葉について
のルールや使い分けが頭の中に入っています。

なぜなら、
外国人はそういった『日本人にとって「当たり前」で「普通」の言葉』が
「なぜ?どうして?」だからです。

ですから、日本語教師の頭の中は
普段、私たちが無意識に使っている日本語についてのルールと使い方
が入っているのです。

次回は、その頭の中について、もう少し詳しくお話します!

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」