「ここ/そこ/あそこ」の使い分けのルール

皆さん、こんにちは。
お盆休みはゆっくりと過ごすことができましたでしょうか?

さて、先週の予告通り、今日から毎週月曜日は
「日本人が知らない日本語の仕組み」をご紹介していきます。
ぜひ、皆さんも「外国人に日本語を教える」つもりで、考えてみてください。

今日は、ここ/そこ/あそこ」の使い方です。

ここは教室です。/そこは廊下です。/あそこはトイレです。

多くの日本語のテキストでは、非常に早い段階でこの「ここ/そこ/あそこ」を
教えます。

では、皆さん。日本語教師になったつもりで、考えてみてください。

ジョンさん:先生、「ここ/そこ/あそこ」はどう違うのですか?
新米先生:「ここ=近い所/そこ=中くらいの所/あそこ=遠い所」ですよ。
ジョンさん:そうですか。
(数日後。ジョンさんは今、ブラジルを旅行中で、日本にいる新米先生に電話を
かけてきました)
ジョンさん:先生。こんにちは!ここは今午前8時ですよ。
      あそこは何時ですか?
新米先生:あそこ?ジョンさん、あそこ」ってどこ?
ジョンさん:??? もちろん、日本ですよ。
新米先生:・・・。ジョンさん。
     そういう時は、あそこ」ではありません。「そこ」で
ジョンさん:「そこ」?どうして?日本はブラジルからとても遠いですよ。
       先生はあそこ=遠い所」と教えました。
       だから、「あそこ」でしょう

新米先生:・・・・・

さて、皆さん。新米先生の教え方。どこが悪かったのでしょうか?

日本人に「ここ/そこ/あそこ」はどう違いますか?と質問すると、
多くの場合、新米先生同様、
「ここ=近い所/そこ=中くらいの所/あそこ=遠い所」という答えが
返ってきます。

しかし、実は、
ここ=話し手(自分)の周囲
そこ=聞き手(相手)の周囲
あそこ=話し手(自分)からも、聞き手(相手)からも離れている所

という使い分けのルールがあるのです。

ですから、ブラジルにいるジョンさん(話し手)は、今自分がいる所を
「ここ」と言いますが、聞き手である新米先生がいる日本は「聞き手(相手)の
周囲」ですから、「あそこ」ではなく、「そこ」と言わないと、変な日本語になってしまうのです。

「ここ/そこ/あそこ」のような言葉を「こそあど言葉」と言います。
例えば、「これ/それ/あれ」や、「こちら/そちら/あちら」なども
そうです。
言葉自体は変わっても、
こ」=話し手(自分)の周辺の事柄
「そ」=聞き手(相手)の周辺の事柄
「あ」=話し手(自分)からも、聞き手(相手)からも距離がある事柄

という「こ・そ・あ」の使い分けのルールは変わりません。

今日は、皆さんもぜひ、自分が無意識に使い分けているこのルールを意識して
みてください。

◆◇◆ 次回予告 ◆◇◆
ジョンさん:先生、公園に子供がいますね。犬もいますね。
      あ、チューリップもいます
新米先生:ジョンさん、「チューリップもあります」ですよ。
ジョンさん:???どうしてですか。
      先生は、「生き物」は「いる」と教えました。
      チューリップは「生き物」ですよ。

さて、皆さん。
どうして、「チューリップもいます」では間違いなのでしょうか。
答えは、1週間後(8月24日)に。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」