横断歩道「で」歩きます?

新米先生:ジョンさん、この作文の日本語は変ですよ。
    「私は横断歩道歩きます」って・・・。
ジョンさん:え?どうしてですか?
      だって、「ご飯をレストラン食べます。」、
      「テレビを家見ます。」、「本を図書館読みます。」・・。
      先生は「場所の言葉+で+動詞と教えましたよ。
     「歩く」は動詞だから、「横断歩道で」でしょう?
新米先生:う~ん。そうですが・・・。
     日本人は普通「横断歩道歩きます」と言います。
ジョンさん:横断歩道「を」?
      どうして???

さて、皆さん。
どうして「横断歩道歩く」というと変な感じがするのでしょうか?

実はこの場合、ポイントになるのは、「どんな動詞を使っているか」
という点です。

確かに、新米先生がジョンさんに教えたように、何かの動作をする場所を
表す時は、「場所の言葉+で+動詞」で日本語は表現します。
しかし、その「+動詞」が、「渡る、通る、歩く、走る・・・」など移動を
表す動詞の場合、その移動する場所は「で」ではなく、「を」を使って示す

というルールが日本語にはあります。

例えば、
「川渡る」とは言いますが、「川渡る」とは言いませんよね。
また、「道通る」とは言いますが、「道通る」とは私たち日本人は
言わないはずです。
なぜなら、「渡る」も「通る」も、ある地点からある地点への移動を表す
動詞だからです。

私たち日本人はこういった「を」や「で」などの「助詞」の使い方を
子供の頃から体得的に身につけてきていますので、いざ説明する
となると「え~っと・・・。」と困ってしまうのですが、だからといって、
日本人は適当に助詞を選んで使っているわけではありません。

「助詞」というと、国語の時間の文法を思いだし、苦手意識を持つ日本人も
多いですが、「どんなルールで使い分けているんだろう」という視点から
見ると、今までとは違う世界が見えてきて、面白いかもしれませんよ。


◆◇◆ 次回(9/28)予告 ◆◇◆

ジョンさん:先生!
      昨日、日本人の友達から「日本語が上手になったね」
      と言われました。
新米先生:そう!それは良かったわね。
ジョンさん:はい!先生のせいです。ありがとうございます。
新米先生:・・・・。先生のせい
     ジョンさん、そういうときは「先生のおかげ」でしょう?
ジョンさん:せんせいのおかげ?どうして?

皆さん。
確かに「先生のせい」は変ですね。
「せい」と「おかげ」何が違うのでしょうか。

答えは、9月28日(月)に!

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」