「先生のせい」?「先生のおかげ」?

ジョンさん:先生!
      昨日、日本人の友達から「日本語が上手になったね」
      と言われました。
新米先生:そう!それは良かったわね。
ジョンさん:はい!先生のせいです。ありがとうございます。
新米先生:・・・・。先生のせい
     ジョンさん、そういうときは「先生のおかげ」でしょう?
ジョンさん:せんせいのおかげ?どうして?


皆さんが新米先生だったら、「先生のせいです」と言われた時
やはり「ん?」と思いますよね。
そして、少し嫌な気持ちになるかもしれません。

では、なぜ「嫌な気持ち」になるのでしょうか。

実は、この「~せいで」というのは、
自分以外の人・物事が原因で自分が被害や不利益を被った時に使う言葉です。
つまり、「よくない結果、悪い結果の原因はあなただ」と言いたい時に、
私たち日本人は「~せいで」を使っています。
ですから、Aさんが「あなたのせいで」とBさんに言った時、
Aさんのマイナスの心情を聞き手であるBさんは感じ取って、
嫌な気持ちになるのです。

それに対して、「~おかげ」は、「~せいで」と同様、
「自分以外の人・物事が原因」であることを表しますが、
よい結果がもたらされた時に使う言葉です。
つまり、「~せいで」の正反対にあるのが「~のおかげ」というわけです。

ということは、今回のジョンさんの場合、「日本語が上手になったね」と
褒められた(よい結果)→その原因は「先生」ということを言いたいわけですから、「先生のせいです」ではなく、「先生のおかげです」というのが正解です。


最近は、「~おかげ」と「~せいで」の使い方が変な会話を耳にすることも
増えてきました。
しかし、この二つの言葉はどちらも「自分の心情」を表す言葉で、
聞き手も無意識にその心情をキャッチしますから、正しく使い分ける方が、
人間関係がスムーズに行くかもしれませんね。


◆◇◆ 次回(10/6)予告 ◆◇◆

ジョンさん:先生。
      辞書で「~ので、・・」と「~から、 ・・」を調べましたが、
      両方「原因・理由」と書いてあって、分かりません。
      例えば、会社に遅刻した時、
      「電車が遅れたので、遅刻しました」と言うのと、
      「電車が遅れたから、遅刻しました」と言うのは同じですか?
新米先生:ええ。同じですよ。
ベテラン先生:ちょ、ちょっと待って!新米先生!!
      「ので、」と「から、」は同じではありませんよ!!
      「ので、」と「から、」。どちらを使うかで、
      上司に怒られる場合があるんですよ!!
新米先生:えっ!!そうなんですか・・・・。


さて、皆さん。
「ので、」と「から、」。
何が違うのでしょうか。

答えは、来週月曜日に。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」