動詞の活用のルールは「五十音表」で説明できます(1)

先週の月曜日から「動詞の活用」を外国人がどう勉強するのかをご紹介して
きましたが、今日もその続きです。

動詞の活用は、外国人だけでなく、日本人の子供も苦手意識を持つ人が多い
ようですが、実は、あるものを使うとそのルールを簡単に教えることができ
ます。

その「あるもの」とは何か。
「ひらがな五十音表」! です。

日本でも、幼稚園や小学校1年生の教室には貼ってある「ひらがな五十音表」。
もっぱら、ひらがなを覚えるために使っていますが、これを上手く活用すると、
動詞の活用(五段活用)のルールが簡単に説明できる
のです。
(「五段活用ってなんだっけ?」という方は、前回10/28(水)のブログを
ご覧下さい)

では、私たち日本語教師がどうやって教えているのか。

こうやって教えています。

①動詞の 「辞書の形」の最後のひらがなは全て「う段」のひらがなである。
 (例)歌/書/話/立/死/読/座/泳/遊

五段活用の動詞は、
「動詞+ない」の形は辞書の形の最後のひらがなと「同じ行」の
 「あ段」のひらがなを使って作る

 (例) 【辞書の形】      【動詞+ない】
    書(か行・う段) → 書ない(か行・あ段+ない)
    話(さ行・う段) → 話ない(さ行・あ段+ない)
    立(た行・う段) → 立ない(た行・あ段+ない)
    死(な行・う段) → 死ない(な行・あ段+ない)
    読(ま行・う段) → 読ない(ま行・あ段+ない)
    座(ら行・う段) → 座ない(ら行・あ段+ない)
    泳(が行・う段) → 泳ない(が行・あ段+ない)
    遊(ば行・う段) → 遊ない(ば行・あ段+ない)
    歌(あ行・う段) → 歌ない(わ行・あ段+ない)※注1
(※注1)「●う」で終わる動詞は「あ行・あ段+ない」ではなく、
    「わ行・あ段+ない」となるルールがあります。

「動詞+ます/ました/ません」のは、辞書の形の最後のひらがなと
 「同じ行」の「い段」を使って作る

(例) 【辞書の形】        【動詞+ます/ました/ません】
   歌(あ行・う段) → 歌ます/歌ました/歌ません
             (あ行・い段+ます/ました/ません)
   書(か行・う段) → 書ます/書ました/書ません
             (か行・い段+ます/ました/ません)
   話(さ行・う段) → 話ます/話ました/話ません
             (さ行・い段+ます/ました/ません)
・・・「立」、「死」、「読」、「座」、「泳」、「遊」も
   同様のルールで作れますので、やってみてください。


このように五十音表の「行」と「段」の組み合わせで、動詞の活用を教えると、
外国人も簡単に理解できるのです。
(学習者の中には、「先生、動詞の意味は忘れたけど、活用だけは正しく
できるよ~」なんて言う人もいます...。)

もし、皆さんの周りに「動詞の活用が苦手」という外国人や日本人の子供が
いたら、この五十音表を使ったルールを教えてあげてください。
「おおおおお〜!」と感動されるかもしれませんよ。


◆◇◆ 次回(11/9)予告 ◆◇◆

今日は五十音表の「あ段」、「い段」、「う段」を使ったルールをご紹介
しましたので、次回は「え段」と「お段」を使ったルールをご紹介います。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」