夜1時に会いましょう。

授業で「時間の言い方」を教えていた時のことです。
タイの学習者が「先生、私の国では、午後7時のことを夜1時と言います。」
と言いました。

そのクラスには様々な国籍の学習者がいたのですが、私を含めた全員が
「えええっ??夜1時???」
とびっくり。
時間に関しては、言葉としての言い方が違うだけで、世界共通だと思っていた
ので、みんな「どうして、7時が1時になるの??」とびっくり仰天。

タイの学習者曰く、
「世界の国は1日を12時間単位で分けますが、タイは6時間単位で分けます
だから、午後7時のことを夜1時と言います。」
とのこと。

しかし、この説明を聞いて、みんなから更に疑問が・・。
「では、タイでは1時が4回ありますか?1時に会いましょうと言われたら、
どの1時かわからない
でしょう?」
午後7時は夜1。では、午前1時は?午前1時も、まだ夜ですよ?」
と質問攻め状態に。

そこで、たどたどしい日本語で説明をしてくれたのですが、タイでは次のような時間の言い方になるそうです。

              【タイの言い方】
午前1時~午前5時  → 深夜1時~深夜5時
午前6時~午前11時 → 朝6時~朝11時
            (ここでは「朝1時」とは言わないとのこと)
午後1時~午後3時  → 昼1時~昼3時
午後4時~午後6時  → 夕方4時~夕方6時
午後7時~午後11時 → 夜1時~夜5時
午前0時と午後12時には特別な言い方があるそうです。

この説明を聞いて、みんなますます混乱。

「6時間単位なら、どうして、午前6時が朝6時なの?朝1時じゃないの?」
「結局、午前1時~午後6時までは同じなのに、どうして、夜7時以降だけ
変わるの?」
「6時間制なら、タイの時計の数字は1から6までしかないの?」
などなど・・・。

タイでも、職場や、テレビなどの時間は「12時間単位」で言うそうですが、
日常の会話ではもっぱらこの「6時間単位」の言い方を使うそうです。

う~ん。混乱しそうです・・・。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」