ものは言いようで腹が立つ

この年末年始の休みの間にある本を読みました。

「ものは言いようで腹が立つ」
(監修:岩淵 匡/ 著:柴田 謙介/サンマーク出版)

という本です。
8年ぐらい前に購入して、読んだ本なのですが、ふと、読み直してみよう
という気になって、手にしました。

改めて読んでみると、面白い!
「なるほど!」と何度もうなづきながら、一気に読んでしまいました。

例えば、「しかし、」の使い方。

「連絡が遅れて、すみませんでした。
しかし、どうしても電話できなかったのです。」
というのか、
「どうしても電話できなかったのです。
しかし、連絡が遅れて、すみませんでした。」
というのかで
聞いている方の「腹の立ち方」は随分変わってきます

こういう文で比較すると、「しかし、」がどういう働きをする言葉なのか、
よくわかります。

他にも、
「今まで言わなかったけど」とか、
「前から思ってましたが」とか、
「ご存じないかもしれませんが」とか、
余計な前置きが、聞き手に不快感を与えるという例なども載っていました。

こういうのは、日本人だけでなく、上級レベルの日本語学習者に教えたら、
面白いかもしれません。

そういえば、私が以前教えていた学習者に「わざわざ」という言葉を
よく使う人がいました。

「先生、今日は私の国の料理を先生の為にわざわざ作ってきました」とか、
「先生、わざわざお茶を持ってきました。どうぞ」とか・・・。

彼は「わざわざ」の意味を勘違いして使っていたのですが、これを普通の日本人
が聞いたら、きっと「ムッ!」としますよね。


読み終わったあと、考えました。

学習者はこういう言葉や表現のニュアンスを知らないと、本人はそんなつもり
ではないのに、勘違いされることがあるのだろうな・・・と。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」