よくある質問

日本語教師養成講座について

Q:日本語教師ってどんな仕事?

主に外国人(留学生、ビジネスマンやその家族、日本人の配偶者、外交官など)や帰国子女の方へ日本語を教える仕事で、日本語教師は、そのための勉強・訓練を受けた専門家です。

Q:日本語教師の活躍の場所は?

日本語を学びたい外国人のいる所すべてが、日本語教師にとっての活躍の場です。
具体的には、国内の場合、日本語学校や外国人を採用している企業、大学の留学生別科、公立の小・中学校、インターナショナルスクール、在日大使館、自治体やNPO法人などの日本語教室などがあります。
海外の場合は、現地の大学、小・中・高等学校、日本語学校、日系企業、地域のボランティア教室などがあります。

Q:どんな人が日本語教師に向いていますか?

「人が好きな方」、「新しい何かを知ることが好きな方」、「誰かの役に立つのが好きな方」・・・。日本語教師は「人と人とのお付き合い」の仕事なので、人に会うのが嫌いな方は向いていないのではないでしょうか?
外国語や国語など、教科に対しての向き、不向きは全くありません。
また、「日本人」として経験したことすべてが糧となる仕事ですので、年齢や経験を重ねた方もそのキャリアを活かせる仕事です。

Q:英語が苦手ですが、大丈夫でしょうか?

「日本語は日本語で教える」のが日本語教師のルールです。授業は英語を含めて一切の外国語を使わず教えますので、大丈夫です。また、この「日本語だけで教える方法」を身に付けるのが日本語教師養成講座です。

Q:受講を考えていますが、急な病気や仕事で休んだ時のフォローはありますか?

ご安心ください。補講制度があります。日本語センターの講座を受ける方は、お勤めをされていたり、お子様がいらっしゃったりする社会人の方がほとんどです。そのため、講座の日に他のご予定が入ることや、ご自身やご家族の急な病気などでやむを得ずお休みすることもあります。そういった場合は、欠席された日の授業を録音したものと板書の写真を、次の授業に間に合うように無料でご自宅まで郵送し、自宅で補講ができるようにしています。いたします。また、少人数・担任制のため講師も誰が休んだかを把握しており、それを踏まえて授業を行いますので、ご心配なさらないでください。

法人向け日本語研修について

Q:レッスン形態について教えてください。

当センターでは、講師が企業様の元へ伺う出張型授業を基本としております。
プライベート・レッスンは1~3名まで。グループ・レッスンは6名までです。基本の人数を超える場合は追加料金がかかりますが、ご対応が可能です。その他、多人数クラスもお引き受けいたします。

Q:本当にビギナーにも日本語を日本語だけで教えられるのですか?

はい、教えられます。私たち日本人の英語教育の経験から「最初は訳して教える」と思っている方が多く、ご不安に感じられるようですが、当センターの講師は全員、ひらがなさえ知らないビギナーに対しても、無理なく日本語を日本語で教える教授方法(直接法)を身につけておりますので大丈夫です。

Q:どんな教材を使いますか?

学習の目的や目標に合わせた教材を使用しています。また、ニーズに合わせて、日本語センターで作成したオリジナルの教材も多く使用しております。企業様のご要望によって、企業様の業務マニュアル等の内容を取り入れて、教材化させていただくこともあります。

Q:ビジネス日本語のニーズにも対応できますか。

日常業務の場面で使われるビジネス会話やビジネス文書など、企業様のニーズに合わせてカリキュラムを組むことができます。業種による細かなご依頼などもお受けいたします。

Q:JLPT N1/N2を取得している社員へはどのようなフォローが可能ですか?

JLPT はマークシート形式ですので、特にコミュニケーション力を正確に測ることができません。当センターでは、「知識としての日本語」を「使える日本語」に変えていくために、ディカッションや作文添削などを交え、弱点に焦点を当てたオリジナルカリキュラムで日本語力強化を図ります。

よくある質問で解決しない方は、お気軽にお問合せください。

03-6439-3981
(受付時間 平日9:30~18:00)

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」