日本語教師養成講座Webコース お申し込みフォーム

moushikominonagare.png

【コース名】
日本語教師養成講座Webコース

【応募資格】
日本語教育にご興味のある18以上の男女
(年齢、字経験、語学力などは一切問いません。)

【受講費用】
総 額:233,280円(税込)
*内訳*
入学金:10,000円
受講料:206,000円(教材費込)
消費税:17,280円
※銀行振込手数料はご負担ください。

受講要項

1.受講契約の成立
受講契約は、当センターがID・パスワードを発行することによって成立し、受講契約の成立により本要項の内容を承諾しているものとみなす。

2.受講期間と期間の延長
受講期間は各コースID・パスワード発行(メールで送信)から起算して1年間とする。 受講期間内に修了しない可能性があり、引き続き受講を希望する場合、受講期間内に受講期間延長を申し出なければならない。 模擬授業のみを残して延長する場合、1年間は延長手数料を無料とする。 受講期間終了後は、ID・パスワードを含む受講履歴はリセットされる。

3.受講料の支払いおよび解約・返金
受講生は当センターが別途定める受講料を受講開始前に支払うものとする。 その支払方法は銀行振込(一括払い)によるものとする。 当センターは、受講生から解約の申し出があった場合でも、受領した受講料等の払い戻しは一切行わない。

4.受講にあたって
「講義」では、外国人に日本語を教える際に必要な「視点」、日本語教師として習得しておく必要のある「知識」を学習する。 講義リスト
概論Ⅰ 日本語を教えること
概論Ⅱ 日本語の基礎知識
概論Ⅲ 初級教育の指導法
第1課 音と文字―1
第2課 音と文字―2
第3課 音と文字―3
第4課 物―1
第5課 「も」と「と」
第6課 物―2
第7課 人―1
第8課 「所」と存在―1
第9課 「所」と存在―2
第10課 「数」
第11課 人―2
第12課 する
第13課 時―1
第14課 時―2
前期試験
概論Ⅳ 初級後期指導の要点
第15課 カタカナと外来語
第16課 動詞文-1
第17課 動詞文-2
第18課 助詞(助詞のまとめと「可能・使役・受身」)
第19課 形容詞-1
第20課 形容詞-2
第21課 形容詞-3
第22課 形容詞-4
第23課 形容詞-5
第24課 形容詞-6
後期試験
「演習」とは、全6回行う実技練習を行う模擬授業をさす。 受講生には、各課の「教師用マニュアル」が主教材(受講料に含まれる)として配布する。 「教師用マニュアル」 は、授業をするうえでのポイントや発話例などが書かれており、受講者はそれを参考に演習の準備をする。 全2回(前期・後期)行う「修了試験」は、優劣をつけたり、合否を判定したりするものではなく、受講生自身の到達度、理解度を客観視するものである。 講義の内容に関する質問は、メールにて質問することとする。

5.模擬授業の申込条件
模擬授業は、下記に記す各課ごとの受講が修了してから申し込むこととする。 受講生が自ら申し込むこととし、当センターでは行わない。 当センターは模擬授業の申込状況により、受講生が希望する時期の模擬授業を受けられない場合、一切責任を負わないものとする。

6.修了条件
修了条件は以下の全てを満たすものとする。 全ての講義視聴を終えていること。 各講義視聴後のレポートを提出していること。 全6回の模擬授業行い合格していること。 前期試験および後期試験を受験していること。 受講料を完納していること。 修了条件を満たす受講生が修了を申し出た場合に、修了証を発行する。

7. 退室申し渡し
当センターは模擬授業中に、他の受講生の迷惑になる者や、講義の円滑な進行に障害となる者に対して退室を申し渡す場合がある。

8. 退学処分
当センターは以下の場合、当該受講生を退学処分とする場合がある。 その際、既納の費用は一切返還せず、場合によっては損害賠償を求める場合もある。 他の受講生、講師、当センターにとって迷惑となる行為が恒常的に見られる場合。 公序良俗に反する言動をとった場合。 「教師養成講座」たる当校講座受講生としてふさわしくない行為があった場合。

9. 著作権および使用権
受講者からの申込みに基づき、当センターが提供または使用を許諾する教材(資料、印刷物、ソフトウェア、データなど)は、使用範囲を受講者のみに使用に限るものとする。前記教材は、すべて当センターまたは当センター指定の第三者が著作権または使用許諾権を有しており、受講者は当センターの事前の書面による承諾なしには、いかなる形態においてもその全部もしくは一部について複製、改変、二次著作物の作成、または第三者への貸与、公衆送信その他の利用を行うことはできないものとする。

10. その他
コース内容は、予告なく一部変更する場合がある。 当センターはコース内容、教材、運営方法などに関し、アンケートなどでいただいたご意見・ご要望を個人名が特定できない方法で公表する場合があります。

氏名 ※必須
フリガナ ※必須
郵便番号 ※必須
(入力例)107-0052
住所 ※必須
(入力例)東京都港区赤坂8-4-14
電話番号 ※必須
(入力例)03-6439-3981
企業・団体の方で、内線番号がある場合は記載
(入力例)1
メールアドレス ※必須
(入力例)rei@r-ac.jp
備考欄
個人情報保護方針はこちら
日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」