「外国人材採用&定着セミナー」を実施しました!(2019/12/9)

こんにちは、日本語センターの大島です。
12月4~6日の3日間で無料セミナー「外国人材採用&定着セミナー」を開催致しました。
これまでも日本語研修に関するセミナーを実施してきましたが、今回は「外国人の採用や特定技能」に関する内容です。

20191204_3.jpg

背景としては、外国人労働者の受け入れや法改正が進む中で、社内に専門知識を持つ担当がおらず、「誰に何を相談すればよいか?」「なにから始めればよいか」と人事担当者から相談を受ける機会が増えたことにあります。

様々な理由から外国人社員の雇用を検討するも、
 ・入国手続きの煩雑さ・専門知識のなさ
 ・入国から就業までのスケジュールの不透明さ
 ・文化や価値観の違いへの不安
 ・費用面が不安
 ・特定技能や技能実習について知りたい
 ・研修のノウハウがない
などで踏みとどまっているケースが多いようですね。

私たちは採用や入国準備等の専門ではありませんが、日本語研修も含め外国人雇用における負担やトラブルを少しでもサポートをしたいと考えております。同様のテーマのセミナーへ行くこともありますが、概論的(外国人労働者数の推移、政府発信のデータなど)な話が中心となり、具体的事例が少ないことも気になっておりました。

それであれば、たくさんの企業や研修生(外国人学習者)と接してきた経験から具体的な事例を紹介できること、座談会形式も織り交ぜ、各社の事例や悩みを共有することで担当者の不安改善や相談窓口になれるのではと思い今回の開催に至りました。

直前の告知にも関わらず、10法人の方にお集まりいただけたことはテーマの関心の高さも伺えます。

セミナーでの主なテーマは、
 ・外国人を採用に必要な長期的視点
 ・採用する前に把握しておきたいことは?
 ・その資格や実績は本当に信用できますか?
 ・日本語力によるミスマッチを防ぐには?
 ・価値観や文化の違いにどう対応するか?
 ・受け入れ側でできる環境づくりとは?
 ・日本語センターの研修と今後の展望
 ・特定技能の現状

今回は介護を中心にソフトウェア、人材、メーカーなど様々な業界から参加がありました。すでに外国人を雇用している企業、検討中の企業など、様々な状況がありましたが、それぞれの話も共有できたことは大きなメリットになったようです。

特定技能については制度として進んでいない現状があります。
セミナーではメディアで取り上げられた大手企業の取り組み等を紹介するにとどまりましたが、各社の捉え方、業界ごとの動向や噂話なども聞けて私たちも勉強になりました。

次月以降もセミナーを実施していく予定ですので、ご興味のある方はぜひご参加いただけると嬉しく思います。

日本語教師になりたい方、日本語を学ばせたい方、個別カウンセリング 日本語教師になりたい方 日本語を学ばせたい方 個別カウンセリング
  • 日本語教師になりたい方
  • 日本語を学ばせたい方
  • 個別カウンセリング

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」

もっと知りたい方はコチラから
「日本語教師になりたい」
「外国人社員がいるから日本語を学ばせたい」
「日本語研修を行いたい」